自宅テレビから配車、東急とJR東が伊豆で実験

2019/11/20 17:57
保存
共有
印刷
その他

東急とJR東日本などは20日、12月から伊豆や熱海で始める次世代交通サービス「MaaS(マース)」の実証実験で、自宅のテレビから相乗り自動車を配車できるサービスなどを新たに始めると発表した。観光客だけでなく、地域住民の足としてもマースを活用してもらう狙い。2020年3月まで実施し、20年度以降の実用化を目指す。

自宅にいながら相乗り自動車を配車できる

東急やJR東日本、ジェイアール東日本企画(東京・渋谷)は12月1日~20年3月10日に伊豆高原駅や伊豆急下田駅、JR熱海駅などで鉄道やバスの乗り放題、観光チケットの購入などができるマースを実証実験する。4~6月にも同様の実験をしたが、エリアやチケットの種類などサービスを拡充する。

下田駅周辺で人工知能(AI)がルートを決めて動く相乗り自動車を、スマートフォンだけでなくテレビからも配車できるようにする。4~6月はスマホだけだったが、地元の高齢者などからの需要が高かった。東急のグループ会社のイッツ・コミュニケーションズ(東京・世田谷)が機器を新たに開発した。自宅から配車できる仕組みは珍しい。地元の住民に買い物や通院の足として使ってもらうことで、地域にマースを定着させる。

観光客向けには鉄道やバスが乗り放題になるフリーパスの数や、観光チケットの種類も増やした。前回はスマホアプリでサービスを提供していたが、今回はすべてWebブラウザに変えた。たまにしか訪れない観光客はアプリのダウンロードをためらう場合も多かったためだ。実験期間中に、約9000枚分のフリーパスの発行を目指す。来年度以降に実用化をしたい考えだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]