/

この記事は会員限定です

首相、桜を見る会の招待者推薦に関与 違法性は否定

[有料会員限定]

安倍晋三首相は20日の参院本会議で、首相主催の「桜を見る会」に後援会関係者を招いた問題について、安倍事務所による招待者推薦に関与したことを認めた。招待基準が曖昧だったとして「大いに反省する」とも語った。「公職選挙法に抵触するのではないかとの指摘はあたらない」と強調したが、野党側は「公私混同だ」として引き続き追及する構えだ。

首相は内閣官房からの推薦依頼を受け、安倍事務所が参加希望者を募っていたと説...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1019文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン