首相、桜を見る会の招待者推薦に関与 違法性は否定

2019/11/20 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安倍晋三首相は20日の参院本会議で、首相主催の「桜を見る会」に後援会関係者を招いた問題について、安倍事務所による招待者推薦に関与したことを認めた。招待基準が曖昧だったとして「大いに反省する」とも語った。「公職選挙法に抵触するのではないかとの指摘はあたらない」と強調したが、野党側は「公私混同だ」として引き続き追及する構えだ。

首相は内閣官房からの推薦依頼を受け、安倍事務所が参加希望者を募っていたと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]