GSOMIA破棄、ハンスト抗議 韓国保守系党首「死を覚悟」

日韓対立
2019/11/20 17:41
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=恩地洋介】日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効が迫るなか、韓国の保守系最大野党、自由韓国党の黄教安(ファン・ギョアン)代表が20日、協定破棄を決めた文在寅(ムン・ジェイン)政権に抗議するハンガーストライキを始めた。黄氏は記者会見で「GSOMIAは韓国の安全保障上、決して放棄できない事案だ」と述べ、文政権に再考を求めた。

GSOMIA破棄などに抗議するハンストを宣言した韓国・自由韓国党の黄教安代表(20日、ソウル)

韓国政府は23日午前0時(日本時間同)の協定失効に先立ち、21日に国家安全保障会議(NSC)の常任委員会を開き対応を協議する。文大統領は19日に出演した国民との対話番組で「最後の瞬間まで失効を避ける努力を日本と続けたい」と述べる一方、日本が厳格化した輸出管理措置の撤回が前提だとする従来の主張を繰り返した。

韓国大統領府近くの広場で20日に記者会見した黄氏は、GSOMIA破棄や与党の強引な国会運営を非難し「絶体絶命の国家危機を食い止めるため無期限の断食闘争を始める。死を覚悟する」と宣言した。

ハンストは韓国の政治家や活動家が用いる一般的な政治パフォーマンスの一つだ。黄氏は9月にも、親族の疑惑が取り沙汰された曺国(チョ・グク)氏の法相任命に抗議するため、バリカンで頭を丸刈りにしたことがある。黄氏は朴槿恵(パク・クネ)前政権で首相を務め、朴氏が弾劾された後は大統領代行を兼務。2019年2月に自由韓国党の代表に就いた。

調査会社のリアルメーターが18日に公表した世論調査の結果によると、GSOMIA破棄の決定を支持する人は55.4%、撤回すべきだと答えた人は33.2%だった。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]