リコー、初心者向け360度カメラ 4K相当動画撮影も

2019/11/20 17:41
保存
共有
印刷
その他

リコーと同社子会社のリコーイメージング(東京・大田)は360度カメラの初心者向けモデル「RICOH THETA SC2」を12月13日に発売する。約1400万画素相当の静止画と4K相当の高精細な動画を撮影できる。簡単な操作で360度映像に対応したSNS(交流サイト)に手軽に投稿できる。

リコーとリコーイメージング(東京・大田)が12月13日に発売する初心者向け360度カメラ「RICOH THETA SC2」

2016年に発売した初心者向けモデル「RICOH THETA SC」の後継機にあたる。有機ELディスプレーを本体下部に新たに搭載した。「THETA」シリーズはスマートフォンとセットで使うのが基本で、カメラ本体だけで電池残量などが一目でわかるようにした。

人物の顔を認識して美肌に見せるモードや、暗がりの光を撮影できる夜景モードなど場面に適した撮影方法を選べる機能を追加し、撮影自体を簡単にした。

価格はオープン。同社の通販サイトでの販売価格は3万6800円になっている。カラーはピンク、ブルー、ベージュ、ホワイトの4色。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]