/

この記事は会員限定です

IoT機器、乗っ取り防げ サイバー攻撃対策に認証制度

[有料会員限定]

メーカーや研究機関など195者が参加する一般社団法人「重要生活機器連携セキュリティ協議会(CCDS)」は10月、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の機器向けにセキュリティーの認証制度を始めた。こうした機器は十分に安全対策をしないまま利用されており、近年、サイバー攻撃の標的になっている。暗号技術の国際標準作りが進むほか、各国でセキュリティーのガイドラインの策定や法整備が進んでいる。

CCDS...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1762文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン