日経商品指数17種

(1970年平均=100)
12月6日 145.404 -0.313

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月6日(金)14:20

パナソニックが中国に家電工場 16年ぶりに新設[映像あり]

バイオジェン エーザイと開発の新薬「認知低下を抑制」

12月6日(金)13:00

[PR]

商品ニュース

紙・板紙出荷量、10月は前年比7.5%減
増税後の反動減や天候不順で

環境エネ・素材
2019/11/20 17:29
保存
共有
印刷
その他

日本製紙連合会(東京・中央)が20日発表した10月の紙と板紙の国内出荷量は203万2000トンと前年同月比7.5%減った。前年割れは3カ月連続。消費増税前に駆け込み需要があったティッシュなどの衛生用紙やPPC(コピー)用紙などで反動が出たほか、台風の影響で段ボール原紙の出荷が落ち込んだ。

衛生用紙は増税前特需の反動で出荷が鈍った(都内のドラッグストア)

紙は、8.4%減の103万1000トン。うち衛生用紙は7.9%減の14万6000トン。PPC用紙などの落ち込みが響き印刷・情報用紙は9.5%減の56万3000トンとなった。

板紙は、100万2000トンと6.5%減。うち段ボール原紙は80万9000トンと6.6%減った。台風の影響で農産物の出荷が減ったほか、米中貿易摩擦の影響で機械関連の輸出が減ったことが響いた。

同会は併せて、前回(2014年4月)と今回(19年10月)の増税1カ月後の出荷量の変化も公表した。衛生用紙は前回の8.1%減に対し今回は7.9%減。PPC用紙が前回の0.9%減に対し今回は14.3%も減った。矢嶋進会長は「消費増税の反動のほか、ティッシュ製品の需給逼迫の影響で中国製の輸入が増え、国内出荷の減少につながった」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム