/

「銀河」20年5月に発車、JR西日本 京都―出雲市で

JR西日本は20日、投入準備中の長距離列車「ウエストエクスプレス銀河」の運行を、2020年5月8日に始めると発表した。同9月までは京都―出雲市を夜行特急として、同10月~21年3月は大阪―下関を日中の特急として走る。豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」より手軽に乗れる列車に位置付け、幅広い旅行需要を掘り起こす。

下りは京都駅を午後9時ごろに出発し、出雲市駅に翌日午前9時半ごろに到着。上りは出雲市駅を午後4時ごろに出発し、大阪駅に翌日午前6時ごろに着く。米子駅や松江駅などを経由する。運行頻度は週2往復程度だ。料金は通常の特急と同水準で、京都―出雲市の片道の普通車指定席は大人1人1万640円。

1編成6両で、定員は約90人。車両ごとに内装を変え、個室や女性専用席も設ける。停車駅のホームでは沿線特産品の販売などを計画する。21年4月以降の運行経路は利用状況を踏まえ検討する方針だ。来島達夫社長は20日の記者会見で「かなり高付加価値な『瑞風』に対し、『銀河』はフリーに楽しめる列車で、そのための材料を提供したい」と力を込めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン