シェアハウス借金、物件手放せば免除へ スルガ銀行
不正融資対応に区切り

金融最前線
金融機関
2019/11/20 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スルガ銀行は不正融資問題を解決して不祥事に区切りを付ける

スルガ銀行は不正融資問題を解決して不祥事に区切りを付ける

スルガ銀行による不正な融資で過大な借り入れをしたシェアハウスの所有者が、物件を手放せば借金の返済を免除されることで調整が進むことが20日、分かった。同行のシェアハウス融資を巡っては返済に行き詰まる所有者との係争が続く。同行は創業家との資本関係を解消したのに続き、不正融資問題を解決して不祥事に区切りを付ける。

【関連記事】
スルガ銀行、異例の借金帳消し シェアハウス決着優先
スルガ銀行、債権放棄へ 新たな収益源課題に

関係者によると、スルガ銀はシェアハウス向けの債権を第三者に売却するための入札手続きを始めたもようだ。投資ファンドなどが、転売可能な価格を見積もって…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]