/

この記事は会員限定です

違法営業や犯罪集団に物件賃貸 大家にも摘発リスク

[有料会員限定]

性風俗店の違法営業や振り込め詐欺グループの拠点を排除するため、各地の警察が賃貸物件の貸主への取り締まりを強化している。違法行為に使われると知りながら契約を結べば、刑事罰を含めたペナルティーの対象となる。貸主の摘発事例も目立つようになっており、専門家は「安易な物件提供のリスクが高まっている」と話す。

「性関連禁止営業の用に供してはならない」。王子駅(東京都北区)近くのビルの入り口に11月、赤地に白抜...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1014文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン