伴走者か悪役か、硬軟両様で迫る地銀改革

日銀ウオッチ
コラム(経済・金融)
2019/11/21 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今後10年で経費を1割減らし、手数料収入を1割増やす。日銀が地方銀行の経営改善の指針として示した数字だ。これを達成すれば収益の減少ペースを緩やかにできるという絵姿をみせた。ただし経費削減のペースはこれまでの実績の2倍近くという「高め直球」。背景には硬軟織り交ぜつつ地銀に改革を促す日銀の「努力」が垣間見える。

「机上の空論と思われるかもしれないが、いま動く必要がある。日銀が悪役になっても構わない」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]