Microsoft「Office365」連日の障害 通信設定に問題

ネット・IT
エレクトロニクス
2019/11/20 14:17 (2019/11/20 14:50更新)
保存
共有
印刷
その他

障害が発生したマイクロソフトのオフィス365

障害が発生したマイクロソフトのオフィス365

クラウドで業務用ソフトを使う米マイクロソフトの「オフィス365」で20日、メールシステムやチャットなどの複数のサービスがつながりにくくなる障害が発生した。同社は利用者の通信が停滞する要因となったとみられる通信設定を特定し、改善したとするが、根本原因は調査中という。同社は公式ツイッターで現段階では復旧したとしている。

米国の公式サイトによると、電子メールシステムの「エクスチェンジオンライン」、情報共有・管理サービスの「シェアポイント・オンライン」、チャット「チームズ」、会議ツール「スカイプ・フォー・ビジネス」、社内SNS(交流サイト)「ヤマー」などのサービスでつながりにくくなっている。日本マイクロソフトは影響範囲を確認中としている。

オフィス365は、19日にはオーストラリアや日本などアジアの一部の顧客で、外部からのメールなどの受信が遅れる障害が発生。日本時間の同日夜に復旧したとしていた。

近年はアマゾン・ドット・コムの「アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)」やマイクロソフトのオフィス365、「アジュール」などのクラウドサービスの存在感が増している。米モルガン・スタンレーによると、世界の企業のデータの2割強がクラウドで処理されるようになっている。

サーバーなどのシステム基盤を貸し出すクラウドで世界トップに立つAWSの顧客数は、世界全体で数百万件、国内でも数十万件に上る。業務ソフトでもクラウドの活用が進む。マイクロソフトの19年6月期の年次報告書によれば、オフィス365の利用者数は1億8000万人に達する。同社はチームズの定期的な利用者数が1日当たり2000万人を突破したと19日に明らかにしている。

サイバーセキュリティーやシステム障害の懸念から採用を見送っていた政府機関や金融機関なども、クラウドの活用に乗り出している。米国防総省は10月にマイクロソフトのクラウドを採用すると表明。国内でも政府が各省庁のシステムの全面的なクラウド化に向けて動き出している。

半面、クラウドの活用範囲が広がるにつれて、障害が発生した際の企業や組織の業務に及ぼす影響が大きくなっている。8月にはAWSの国内データセンターで大規模障害が発生し、多くの企業が対応に追われた。

AWSの日本国内での大規模障害は8月の件が初めてとみられるが、世界規模で見れば毎年何らかが発生している。マイクロソフトのクラウドも傾向は同じだ。利用企業にはクラウドの障害を見越した事業継続計画(BCP)も問われている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]