/

この記事は会員限定です

[FT]スタンフォード大、学内発知財の社会移転の祖

[有料会員限定]
Financial Times

ソランヘ・マッサ氏は医学部の最終学年のとき、赤ん坊を取り出すのに鉗子(かんし)が使われるのを目にして「あんな古くさい医療器具を扱う医師にはなれない」と確信した。

代わりに、新しい医療の創出のために研究と患者の橋渡しをする研究者になった。

アルゼンチン出身で現在は米スタンフォード大学の博士研究員であるマッサ氏は、大学が持つ技術移転事務局の熱烈な支持者だ。事務局は大学施設を利用して開発された知的財産を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2060文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン