[FT]スタンフォード大、学内発知財の社会移転の祖

北米
FT
2019/11/20 14:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソランヘ・マッサ氏は医学部の最終学年のとき、赤ん坊を取り出すのに鉗子(かんし)が使われるのを目にして「あんな古くさい医療器具を扱う医師にはなれない」と確信した。

代わりに、新しい医療の創出のために研究と患者の橋渡しをする研究者になった。

アルゼンチン出身で現在は米スタンフォード大学の博士研究員であるマッサ氏は、大学が持つ技術移転事務局の熱烈な支持者だ。事務局は大学施設を利用して開発された知的財産…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]