車両に合わせて扉が動く新型ホームドア JR西日本

サービス・食品
関西
2019/11/20 14:00
保存
共有
印刷
その他

JR西日本は20日、車両の扉の位置に合わせて開口部が左右に動く新型ホームドアを開発したと発表した。多様な車両や編成の列車が乗り入れる駅のホームでは扉の位置が変わるため、ホームドアはロープが昇降する方式が一般的だった。新型はホームを覆い、隙間をなくすことで安全性を高めた。2023年に開業予定の北梅田(仮称)駅への導入を目指す。

新型は高さが2メートルあり、ホームを覆う「フルスクリーン型」。上部から3層の扉をつり下げる仕組みで、ふすまのように横方向に開口部が動くことで、様々な列車の扉の位置に対応する。デジタルサイネージ(電子看板)を備え、停車する列車の情報や広告などを表示する。設置費用は従来の片側5億~10億円より高額になる見通し。

北梅田駅は東海道本線とおおさか東線が乗り入れる予定。31年に新線「なにわ筋線」が開業した後は南海電気鉄道も乗り入れるため、多様な車両への対応が求められる。鉄道本部技術企画部の田中恭介チーフは「安全を担保できるよう精度を高めたい」と話す。

【関連記事】
子連れに優しい駅をチェック 新装・下北沢駅は高評価
ホームドア設置道半ば 視覚障害者の事故防げ
電車ドアにQRコード、何のため?

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]