母の最終講義が始まった ノンフィクションライター 最相葉月

2019/12/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

空き家になった神戸の実家を売却する準備が大詰めを迎えている。3年前に認知症の母親を東京に呼び寄せてから時々帰って片づけてはいたが、そろそろ一人で手に負えるレベルではなくなり、生前整理の業者に頼むことにしたのだ。

亡くなるまでの9年間、がんで闘病していた父は物品にほとんど手をつけていなかった。箱入りの食器や壺(つぼ)など開封しなければ中身がわからないものも多く、そういうものに限って高い棚に置かれて…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]