竹による発電、熊本で実験 バンブーエナジー

2019/11/24 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

バイオマス発電のバンブーエナジー(熊本県南関町)は熊本県で24日までに、竹を使った燃焼炉の実証運転を始めた。竹の成分が炉を傷めないよう、別の燃料となる杉との分量の割合を工夫している。2023年度の事業化を目指す。

竹は燃料に使えないとされてきた。燃焼灰が溶けてクリンカという塊となり、炉を傷めるため。同社は杉の樹皮7割、竹3割で燃やして燃焼灰の融点を上げ、クリンカの発生を抑える。

新エネルギー・産…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]