/

この記事は会員限定です

和牛の飼育増やせば奨励金、最大20万円前後 農水省

日米貿易協定で農業対策

[有料会員限定]

農林水産省は日米貿易協定締結を踏まえ、国内農業対策を固めた。輸出に適した和牛の生産を拡大するため、雌牛の飼育を増やした農家に対し、頭数に応じて奨励金を出す。和牛は海外でも評価が高く、日米貿易協定では牛肉の米国向け輸出で低関税枠が拡大した。国内の生産力を高め、輸出に弾みをつける。

一連の対策を年内にまとめる環太平洋経済連携協定(TPP)等関連政策大綱や経済対策に反映させる。高齢化で減少が続く畜産農...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り492文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン