和牛の飼育増やせば奨励金、最大20万円前後 農水省
日米貿易協定で農業対策

2019/11/20 18:49
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

農林水産省は日米貿易協定締結を踏まえ、国内農業対策を固めた。輸出に適した和牛の生産を拡大するため、雌牛の飼育を増やした農家に対し、頭数に応じて奨励金を出す。和牛は海外でも評価が高く、日米貿易協定では牛肉の米国向け輸出で低関税枠が拡大した。国内の生産力を高め、輸出に弾みをつける。

一連の対策を年内にまとめる環太平洋経済連携協定(TPP)等関連政策大綱や経済対策に反映させる。高齢化で減少が続く畜産農…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]