/

この記事は会員限定です

ドルトムントのアジア担当「育成に力、人材を輩出」

編集委員 武智幸徳

[有料会員限定]

サッカー日本代表の香川真司(現サラゴサ)が在籍したことで日本でもファンの多い、ドイツ・ブンデスリーガの強豪ボルシア・ドルトムント。そのアジア・オフィス(シンガポール)でマネージングダイレクターを務めるスレシュ・レッチマナン氏に先日、香川を失った後のアジア戦略などを率直に語ってもらった。

「我々にとって香川という選手がドルトムントにいたことは本当に幸運だった」

「彼が2010年にドルトムントに入った...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1880文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン