令和初の年末ジャンボ発売 1等と前後賞で10億円

2019/11/20 9:47 (2019/11/20 10:29更新)
保存
共有
印刷
その他

年末ジャンボ宝くじを買い求める人たち(20日午前、東京都中央区)

年末ジャンボ宝くじを買い求める人たち(20日午前、東京都中央区)

令和初の年末ジャンボ宝くじが20日、全国で一斉に発売された。賞金は1等・前後賞を合わせて10億円。12月21日まで購入できる。抽せんは大みそかに東京・新宿の東京オペラシティコンサートホールで。年末ジャンボミニも同時発売。

年末ジャンボは1枚300円で計1380億円が発売される予定。当せん金が7億円の1等は23本、1億5千万円の1等の前後賞は46本、1千万円の2等は69本になっている。年末ジャンボミニは当せん金が3千万円の1等が72本、2等の100万円は1800本。

「宝くじ公式サイト」では12月21日午後11時50分まで販売する予定。

全国有数の売り上げがある東京・銀座の西銀座チャンスセンターでは、午前8時半の販売開始前から約600人が列をつくった。前日の午後11時から並んだ埼玉県川口市の会社員、岡田和樹さん(28)は110枚購入。「当たったら、ちょっといい車を買って、残りは将来のために貯金したい」と笑顔で話した。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]