首相「1次政権を反省、安定へ全力」 通算在任日数1位

2019/11/20 9:20
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は20日午前、通算在任日数が歴代単独1位になったことに関して「短命に終わった第1次政権の深い反省の上に政治を安定させるために日々全力を尽くしてきた」と述べた。同時に「衆参両院6回の国政選挙を通じて国民から背中を押してもらい、一日一日約束した政策を実現するために努力を重ねてきた」と力説した。首相官邸で記者団に語った。

「第1次政権も含め、かつては毎年のようにコロコロと政権が代わり、重要…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]