米当局、ボーイング機「737NG」の設計変更を勧告

2019/11/20 7:26
保存
共有
印刷
その他

【ロサンゼルス=中山修志】米運輸安全委員会(NTSB)は19日、2018年4月に発生したボーイング機「737NG」のエンジン破損事故に関連し、同社にエンジンの設計変更を勧告した。ボーイングは勧告に応じて再設計を行う。2度の墜落事故を起こした「737MAX」とは無関係という。

事故は昨年4月に米サウスウエスト航空の運航便で発生した。エンジン部品のブレードが破損して機体の窓が割れ、乗客1人が死亡した…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]