NYダウ、もみ合いで始まる 高値警戒感から一時16ドル安

2019/11/20 0:30
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=横内理恵】19日の米株式相場はもみ合いで始まった。午前9時45分現在、ダウ工業株30種平均は前日比16ドル98セント安の2万8019ドル24セントで推移している。主要株価指数の最高値更新が続き、高値警戒感がじわりと強まっている。米中貿易交渉に関する目新しいニュースがないなか、米中合意への期待を背景にした根強い買いが下値を支えている。

ニューヨーク証券取引所=ロイター

ホームセンターのホーム・デポが下げ、ダウ平均を80ドルあまり押し下げている。朝方に発表した2019年8~10月期決算で既存店売上高などが市場予想に届かず、20年1月期通期の業績見通しを引き下げたことが嫌気された。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]