/

キリンHD、米クラフトビール3位を買収

2020年3月までに完全子会社化

キリンホールディングス(HD)は20日、米クラフトビール大手、ニュー・ベルジャン・ブルーイング(コロラド州)を買収すると発表した。海外子会社を通じて2020年3月末までに株式を100%取得する。買収額は非公表。全米に販売網を持つニュー・ベルジャンの強みを生かし、海外のクラフトビール事業の拡大につなげる。

キリンHDが買収する米ニュー・ベルジャン・ブルーイングのクラフトビール「ファットタイヤ」

ニュー・ベルジャンは小規模生産でビールの味や香りの独自性を出すクラフトビールメーカーの米国3位。キリンHDは20年1~3月には買収手続きを完了する見通し。買収後も最高経営責任者(CEO)は続投し、従業員の雇用も維持する。

代表的なブランドである「ファットタイヤ」や「ブードゥー・レンジャー」などニュー・ベルジャンは40種類以上のブランドを全米で展開する。2018年の売上高は2億ドル(約218億円)。年間販売量は約10万キロリットル。米西部の本社工場のほか、南東部のノースカロライナ州に生産拠点がある。日本やオーストラリアにも一部を輸出する。

キリンHDは日本国内や豪州、米国などクラフトビールの盛んな地域で事業拡大に注力してきた。米では16年、米東部で人気の高いブルックリン・ブルワリー(ニューヨーク州)に24.5%出資した。ニュー・ベルジャンが全米に持つ販売網を通じ、ブルックリンの業容拡大も模索する。

米国における18年のクラフトビールの販売量はビール市場全体の約13%を占める。金額ベースでは約24%に達し、一大勢力になりつつある。クラフトビールはニューヨークやボストンなど東海岸の都市部、西海岸ではオレゴン州などで販売が伸びている。米国では今後も成長が期待される一方で、資金力に課題を抱えるクラフトビールメーカーも出始めている。

キリンHDは海外ビール事業の選択と集中を急いでいる。業績の低迷が続いたブラジル市場から17年に撤退し、成長の見込めるフィリピンやミャンマーに集中投資してきた。クラフトビールでは豪やニュージーランドを統括する事業会社、ライオンが豪のクラフトビール市場でシェア首位を誇る。ライオンを通じて英国にあるクラフトビールメーカーを18年、19年にそれぞれ買収した。

日本国内でクラフトビールの販売量はビール市場全体の1%に満たないものの、大手4社ではキリンHDが最も事業拡大に力を注いでいる。高級価格帯のビールの主力ブランドの一つに育てる戦略だ。キリンビールが過半を出資し、米ブルックリンと設立したブルックリンブルワリー・ジャパン(東京・中野)が20年2月、クラフトビールを提供する旗艦店と位置付ける常設の直営店を都内にオープンする予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン