サッカー

森保J、ちぐはぐプレーでベネズエラに惨敗

2019/11/19 23:04
保存
共有
印刷
その他

1-4という点差はピッチ上で示された力の差を妥当に表しているようにみえた。ただ、そうなる原因は日本自身がつくった印象も拭えない。

【関連記事】・サッカー日本、ベネズエラに完敗 国際親善試合

大勢が決してしまった前半。日本はメンバーをシャッフルしたうえに、普段はやらない2トップの構成。前方では味方同士で動きを打ち消し合いノッキング、後方からのつなぎもスムーズにいかない。うまくかみ合わない状況で、手応えの十分すぎる相手を前にするというかみ合わせの悪さ。止血もままならず、スコアはみるみる0-4に。

ベネズエラに敗れ肩を落とす日本イレブン

ベネズエラに敗れ肩を落とす日本イレブン

日本のヒールパスが無人のエリアへ転がり、バックパスはあらぬ方角へ向かう。中島のドリブルで攻めがスイッチオンするのはいいが、その奔放なドリブルは相手をてこずらせる一方、味方もうまく呼応できなかった。

ベネズエラはボールを動かすテンポも守備での寄せも常に半歩、日本より先。日本は間合いを詰めているつもりが寄せにならず、突破できそうで阻まれる。細かいようで大きい、細部の質の差。

代表の層を厚くするトライをできる親善試合のはずが、予想外の惨状でその余裕はなくなった。絶望からどう立ち直れるのか、テーマが変わったなかで後半に意地はみせた。「チームが糸の切れたたこになり、バラバラになってはいけない。選手はもう一度顔を上げ、気持ちを奮い立たせた」と森保監督。途中出場の古橋や永井が活力を加え、ゴールへ迫る時間も増えた。それでも崩しの最後の部分で精度とパワーが一歩、足りない。

ホームで4失点はハリルホジッチ監督下で低迷期といえた2017年12月の韓国戦以来。「結果の責任は私にある」と森保監督。この一戦ですべてが台無しになるわけではないが、「吹田の惨劇」は良薬としては苦すぎる。

(岸名章友)

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 J1最終節は7日午後2時に各地でキックオフし、勝ち点67で首位の横浜Mと同64の2位FC東京が横浜市の日産スタジアムで優勝を懸けて直接対決する。6日は両チームが最終調整した。
 横浜Mは得失点差で7点 …続き (18:36)

取材に応じるJ1神戸のイニエスタ(5日午後、神戸市)=共同

 J1神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが5日、神戸市内で報道陣の合同取材に応じ、右足親指を骨折していたことを明かした。9月28日の川崎戦で負傷し、軽度だったという。負傷後もリーグ戦で4試 …続き (5日 14:50)

 【ウディネ(イタリア)=共同】サッカーのイタリア・カップで4日、ボローニャの冨安健洋は敵地で行われたウディネーゼとの4回戦でベンチ入りしたが、出場機会はなかった。チームは0―4で敗れ、ベスト16入り …続き (5日 10:57)

ハイライト・スポーツ

[PR]