東京ムーブメント

フォローする

新国立競技場、1569億円で工事終了 迷走経て費用抑制

Tokyo2020
2019/11/19 20:39
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場の建設工事が終わり、整備費は計1569億円で固まった。3千億円超とも試算された旧計画の撤回を経て、費用の上限と限られた工期をクリアした。30日に正式に完成し、運営主体の日本スポーツ振興センター(JSC)に引き渡される。

「全ての工事が終了し、工費は範囲内に収まっている。国民との約束はいずれも果たすことができた」。JSCの担当者は19…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップスポーツトップ

東京ムーブメント 一覧

フォローする

 演習開始から5分。想定状況を知らせるメールが届く。「法人向けの専用ネット回線で全国的に通信ができなくなっています」。東京都水道局浄水部の設備技術担当課長、川越信幸は「国立競技場に水を送り出せなくなる …続き (1/19)

渋谷区は3階建て商業施設の屋上に公園を整備する(イメージ)

 東京都渋谷区は2020年夏、JR渋谷駅近くにビーチバレーやビーチサッカーができるビーチコートを備えた公園を整備する。東京の繁華街にビーチコートが開設されるのは珍しい。7月の東京五輪の開会前に開園し、 …続き (1/18)

 東京電力福島第1原子力発電所事故による全町避難が続く福島県双葉町の双葉駅周辺などの避難指示が3月4日に解除されることが決まり、同町が新たに東京五輪の聖火リレーのルートに組み込まれる見通しであることが …続き (1/18)

ハイライト・スポーツ

[PR]