町家再生 金沢の魅力発信、こはく代表 山田滋彦さん
拓き人 石川から

インバウンド
住建・不動産
北陸
2019/11/20 4:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今年9月、金沢市内の小学3、4年生が町家の活用法を探る学習に取り組み始めた。「町家を残していく大切さを学んでもらえたら」とこの活動に協力を申し出たのは、インバウンド(訪日外国人)向けに体験型観光などを手掛ける「こはく」の代表の山田滋彦(38)だ。児童が考えたアイデアは、町家を改装したこはくの施設で実際に採り入れる。

年に100軒ペースで町家が取り壊されていく金沢市。「町家は街並みを構成する重要な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]