JR東、シンガポールで新潟の日本酒PR

2019/11/19 19:44
保存
共有
印刷
その他

JR東日本新潟支社はシンガポールで、新潟の日本酒をPRするイベントを始めた。チャンギ空港内の複合施設と、JR東が運営する現地の情報発信拠点の2カ所で同時開催する。県産日本酒の飲み比べや、日本酒を使ったスイーツを販売する。普段は日本酒を飲まない現地の消費者に向け、新潟の日本酒の情報や魅力を伝える。

チャンギ空港では22日から3日間、現地の複合施設「JEWEL」内にある飲食・物販スペースで、日本酒の試飲販売会を実施する。7つの銘柄を用意し、無料で飲み比べできるほか、日本酒の嗜好に関しアンケート調査をする。県産日本酒の輸出拡大に向け、現地でどのような日本酒が好まれるか情報を集める。

ビジネス街にあるJR東日本の「JAPAN RAIL CAFE」では30日まで、県産日本酒を使ったゼリーを販売する。日本酒を飲まない層にも日本酒を知ってもらう狙い。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]