日経商品指数17種

(1970年平均=100)
12月13日 145.959 +0.276

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月13日(金)14:20

官房長官 英総選挙「日系企業の円滑なビジネス継続を」[映像あり]

経財相 設備投資堅調「持続的成長の実現に期待」

12月13日(金)13:00

[PR]

商品ニュース

豚コレラの名称変更 歓迎の声広がる

2019/11/19 19:18
保存
共有
印刷
その他

家畜伝染病の豚コレラの名称が「CSF(クラシカル・スワイン・フィーバー)」に変更されたことで、豚肉の流通業者や養豚家からは豚肉へのイメージ悪化に歯止めがかかると歓迎する声が広がっている。

豚コレラの名称変更は養豚業者に歓迎されている(防疫作業の様子)

豚コレラは人にうつることはなく、仮に感染した豚の肉を食べても人体に影響はない。だが、流通業者などからは以前から「コレラという名前が独り歩きをして風評被害を招きかねない」と懸念する意見が多かった。

名称変更について、群馬県の養豚家は「人にうつらないと言われても警戒する消費者はいる。本来はもっと早い段階で変えてほしかった」と歓迎する。流通業者も「名前による先入観がなくなるので良かった」と話す。

これまでに全国で豚コレラによって15万頭近くが殺処分されたが、豚肉の卸値は前年とほぼ同水準で推移している。今のところ、風評被害はないという見方がほとんどだ。

過去にも風評被害を抑えるために、狂牛病がBSE(牛海綿状脳症)に名称変更された。当時の状況を知る流通業者は「BSEに名称が変わったことで、消費者の買い控えのトーンが下がった」と話し、「CSFに変更することで1件でも風評被害を減らせれば」と期待する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム