東京都立産技研、ビッグサイトで運搬などロボット実験

東京
2019/11/19 19:10
保存
共有
印刷
その他

東京都立産業技術研究センターは19日、中小企業と共同開発したロボット4種の実証実験を東京ビッグサイト(東京・江東)で実施すると発表した。11月から2020年3月にかけて運搬、清掃、案内、警備業務にそれぞれ導入し、動作の的確さや運用の方法などを検証する。大規模施設で数カ月かけて実験することで各メーカーの今後の開発・営業に役立ててもらう。

東京都立産業技術研究センターなどが開発した清掃ロボット

4種のロボットは11~12月に順次導入する。清掃ロボは空気でゴミを吸引する大型の掃除機のようなタイプで、ルートを設定すれば自律走行できる。台車の形に似た運搬ロボは120キロまで搭載でき、人を自動で追いかけて走行する。ビッグサイトでは清掃員の後ろをついて回り、ゴミの収集・運搬に当たる。

同センターは東京五輪・パラリンピックを見据え、全国の中小企業と開発を進めてきた。清掃ロボットの足回りなどに同センターの技術が活用された。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]