中国、香港の覆面禁止「違憲」に猛反発 強権発動も
「司法の独立」に風圧

習政権
2019/11/19 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【香港=木原雄士、北京=羽田野主】香港の「一国二制度」の根幹である司法の独立性が風圧にさらされている。中国当局は19日、デモ参加者のマスク着用を禁じる「覆面禁止規則」を香港基本法違反とした香港高等法院(高裁に相当)の判決に猛反発した。中国政府による司法への介入が強まれば、ビジネス拠点としての香港の魅力も損なわれかねず、市民の反発が強まる可能性がある。

【関連記事】香港衝突、理工大生ら400人逮捕 …

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]