松本地域の3農協、合併推進委の設立決定

2019/11/19 18:36
保存
共有
印刷
その他

松本ハイランド農業協同組合(JA松本ハイランド、長野県松本市)など松本地域にある3つの農業協同組合は19日、合併推進委員会の設立を決めた。合併期日は2020年11月1日で、同委員会で事業計画などを策定する。後継者難や日銀の低金利政策に伴う信用事業の収益減少など厳しさを増す環境に対応し、合併による規模拡大で経営基盤を強化する。

合併するのはJA松本ハイランドのほか、松本市農協(松本市)、塩尻市農協(塩尻市)。JA松本ハイランドを存続組合とする。組合員数は合計で約4万1千300人で、県内2番目の規模となる。

松本地域では今回の3組合と洗馬農協(塩尻市)が18年、合併研究委員会を立ち上げて、合併の可能性について研究を進めてきた。最終的にはJA洗馬が脱退し、3組合で合併を目指すことになった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]