六甲にホテルやレストラン続々 神戸市が規制緩和
ウエーブ兵庫

2019/11/19 21:22
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「西の軽井沢」とも称された六甲山エリアで、にぎわい回復の取り組みが進んでいる。規制緩和や遊休施設の利活用を促す神戸市の施策を契機にホテルやカフェの開業や計画が相次ぐ。山上施設を運営する六甲山観光(神戸市)も4月、9年ぶりにレジャー施設を開業した。現在は年間来訪者数が200万人程度とピーク時の半分以下にとどまる同エリアだが、官民の力で再び脚光を集めようとしている。

2020年3月、六甲山上に新たな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]