さいか屋、事業計画改善書 20年5月まで上場廃止猶予

2019/11/19 18:20
保存
共有
印刷
その他

百貨店運営のさいか屋は19日、東京証券取引所に事業計画改善書を提出した。同社は8月に上場廃止基準に抵触し、猶予のための措置として改善書を求めていた。今回の提出で猶予期間は、2020年5月末まで延長した。

役員報酬の見直しや、店舗でのイベント強化などで収益強化を目指す。猶予期間中に月間平均と月末時点の時価総額が10億円に達しなければ上場廃止となる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]