外資規制、欧米は事後に重点 投資呼び込みと両立課題
外為法改正 消えぬ懸念(下)

経済
政治
2019/11/19 23:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「海外と比べて規制が緩ければ、悪意のある投資家が日本に流れてきてしまう」。10月、外資規制強化を盛り込んだ外為法改正案を巡り、自民党の政調審議会では一部議員からこんな指摘が飛び出た。

自民党は改正案について安全保障上の危機管理と自由な投資活動を両立させるよう政府に求めている。党内は外国人投資家の日本株離れに対する心配と、外資規制を一段と進めるべきだとの声がせめぎあう。

政府内では近年、中国資本に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]