スリーエムジャパン、相模原に研磨ロボット研究拠点

2019/11/19 18:55
保存
共有
印刷
その他

米スリーエム(3M)の日本法人、スリーエムジャパンは研磨用ロボットの研究施設を相模原市に開設した。ロボットのシステムを構築する企業などに、研磨材を研究開発する同社の技術を活用した実験の場として提供する。同社が手掛ける研磨材の販路拡大にも生かす。

「3Mロボット研磨ラボ」を同社の相模原事業所内に設けた。実際にロボットを設置しており、工場の研磨作業を自動化したい企業やシステム構築会社などの利用を見込む。熟練工への依存度が高い研磨工程はロボット化が進みにくい領域だったという。

同社は約5000種類の研磨材を扱っている。2018年には他社と連携し、ロボットによる研磨システムの販売も始めた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]