シャープ旧本社にニトリ 東京五輪後に開業

エレクトロニクス
小売り・外食
関西
2019/11/19 17:40
保存
共有
印刷
その他

家具大手のニトリホールディングスは19日、2016年に取得したシャープ旧本社ビル跡地(大阪市阿倍野区)で、20年東京五輪・パラリンピック後に新店を開業することを明らかにした。五輪関連の工事が終わると、人件費など建設コストが下がると判断した。

シャープは16年、経営難から旧本社ビルをニトリに、南側の「田辺ビル」をNTT系の不動産会社に計188億円で売却していた。台湾の鴻海精密工業の傘下入り後に再取得を目指したが、旧本社ビルについては合意に至らなかった。田辺ビルは買い戻し、野村不動産と共同で高層ビルを建設する計画だ。

ニトリは積極的に出店を続けており、8月時点での国内店舗数は雑貨などを扱う店を含めて約520店舗。大阪では、JR大阪駅北側の商業施設「リンクスウメダ」内に大型店を16日に開業した。

(共同)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]