日本の指導的役割「世界に再認識」 セーチェーニ米CSIS日本部副部長

トランプ政権
2019/11/20 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

第2次安倍政権発足からの約7年は世界で米国の指導力に疑問符がついた時期と重なる。北朝鮮や中国、ロシアが問題をおこし、欧州も分裂の兆しをみせる不安定な国際環境が続いた。そのなかで安倍晋三首相が日本に政治の安定をもたらし、世界に日本の指導的役割と、日本が多くの課題にともに取り組めるパートナーだと認識させたことが政権の最大の成果だ。

各国の日本への認識を変えたこと自体、政権のレガシー(政治的功績)にな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]