東邦液化ガス、LPガス基地耐震化 新設備で効率化

中部
2019/11/19 18:00
保存
共有
印刷
その他

東邦ガスグループの東邦液化ガスは19日、名港LPG基地(名古屋市港区)の耐震工事の完了を祝う式典を開いた。長さ44メートルのくいを54本打ち込み、震度7の地震に耐えられるようにした。ICカードを活用した運搬車両の自動受付システムなども公開した。

ガス充填設備を刷新した(名古屋市港区)

名港LPG基地は東邦液化ガスの年間LPG出荷量の約4割を担う。災害で出荷が止まるとグループ全体のLPガス供給に大きな影響を及ぼすことから、2003年以降順次補強工事を実施してきた。

耐震化に合わせて作業効率を上げる設備を導入した。有人だったガス運搬車両の受け付けを自動化したほか、LPガスを供給する設備の充填能力を1時間あたり100立方メートルと従来比で67%高めた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]