パプアの自治州で独立巡り住民投票 不安定化リスクも
鉱物資源豊富なブーゲンビル

2019/11/19 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【シドニー=松本史】南太平洋の資源国パプアニューギニアにあるブーゲンビル自治州で、パプアからの独立を問う住民投票が23日に始まる。ブーゲンビルでは過去、独立を求め1万人以上が犠牲になった武力紛争が起きた。今回の投票は紛争終結後に締結した和平協定に基づくもの。住民の大半は独立を支持するとみられるが、投票の結果確定にはパプア議会の承認が必要で、議会の対応次第では地域が不安定化するリスクもはらむ。

同…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]