/

マグネシウム2割安 中国需要減り、続落

アルミニウム合金の強度を高めるレアメタル(希少金属)、マグネシウムの値下がりが続いている。中国産の対日輸出価格(運賃込み)は11月中旬時点で1トン2180ドル前後と前年同期比で2割安い。景気の減速で中国で需要が鈍り、需給が緩んでいる。

中国では新車販売の鈍化などが影響し、工業生産が伸び悩む。景気減速のあおりを受け、マグネシウムはアルミや鉄鋼向けの需要が弱い。

需要減退が影響し、同国の内モンゴル自治区など一部地域ではマグネシウムを減産しているもようだ。しかし、需要の縮小ペースに追いつかず「需給がかなり緩い状況」(専門商社、タックトレーディング=東京都八王子市=の上島隆社長)という。

中国はマグネシウムの世界生産の8割を占める。昨年は中国当局の環境規制による製錬所などの操業停止が影響し、価格は上昇が続いた。足元では環境規制を背景にした供給縮小への懸念はなく、相場は一転して下落基調が続いている。

今後も中国経済の停滞が続くとの見立てから「市場ではさらに値下がりするとの悲観論が消えない。当面は2130~2230ドルで推移しそうだ」(上島社長)。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン