次世代電池の覇権争い 軽量・高出力で優位に
首都大学東京の金村聖志教授に聞く

日経産業新聞
科学&新技術
2019/11/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年のノーベル化学賞がリチウムイオン電池を開発した吉野彰氏ら3氏に授与される。世界ではリチウムイオン電池の欠点を補う次世代電池の研究も活発だ。科学技術振興機構(JST)の次世代電池研究プロジェクトで総合チームリーダーを務める首都大学東京の金村聖志教授に、研究の展望を聞いた。

――次世代電池の研究が盛り上がっています。

「ノーベル賞の選考理由にもあったように、再生可能エネルギーを安定して利用…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]