アボカド高値、震源はトランプ氏 「国境の壁」が余波

価格は語る
2019/11/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

健康や美容にいいと女性などに人気のアボカドの輸入価格が上がっている。生鮮アボカドの輸入単価はここ10年で3割上がった。日本で売られるアボカドの9割をメキシコ産が占めるが、中国や欧州はじめ世界で需要が拡大、調達価格が高くなっている。トランプ米大統領が進めるメキシコとの「国境の壁」建設を巡る"騒動"もアボカド価格を押し上げている。

アボカドは野菜と思われがちだが、熱帯果実。まったりとしたクリーミーな…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]