環境債発行に補助 政府、国内6千億円市場に

2019/11/19 20:32
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は民間が環境事業の資金調達に使う債券「グリーンボンド」の発行支援に乗り出す。外部機関が環境対応を審査する費用を補正予算で補助し、対象は気候変動への対応全般に広げる。日本は火力発電のシェアが高まり、世界から環境対応の遅れを指摘されてきた。金融面で後押しすることで、国内グリーンボンド市場を2割増の6千億円台へ引き上げる計画だ。

グリーンボンドは省エネ設備の導入や再生可能エネルギー開発などに対し、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]