時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,618,064億円
  • 東証2部 75,323億円
  • ジャスダック 99,021億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.27倍 --
株価収益率15.39倍16.18倍
株式益回り6.49%6.17%
配当利回り1.87% 1.87%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,023.10 +598.29
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,960 +560

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月13日(金)14:20

官房長官 英総選挙「日系企業の円滑なビジネス継続を」[映像あり]

経財相 設備投資堅調「持続的成長の実現に期待」

12月13日(金)13:00

[PR]

スクランブル

フォローする

株、下値に備える投資家 低ボラ銘柄に集まる資金
証券部 松本裕子

2019/11/19 16:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

株式市場で下値に備える投資家が増えている。相場全体の下げ局面でも下げにくい低ボラティリティー(変動率)銘柄で運用するファンドが資金を集めるほか、オプション市場では売る権利(プット)が人気だ。米中対立の収束期待から世界株は最高値圏にあるものの、2020年は金融・財政の政策余地が限られる。一部投資家は強気になれずにいる。

「公的年金や保険会社など下値リスクを抑えたい投資家からの需要が強い」。アライア…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム