石油使わない人工素材、クモ糸ベンチャーの心機一転

コラム(ビジネス)
スタートアップ
環境エネ・素材
2019/12/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スポーツアパレル大手のゴールドウインと人工クモ糸で有名になったバイオベンチャーのスパイバー(山形県鶴岡市)が共同開発したアウトドアジャケット「ムーン・パーカ」が2019年12月12日、限定50着で発売される。15年にプロトタイプを発表してから4年、延期を経てついに発売されることになった。

ムーン・パーカの画期的な点は、石油などの化石資源に依存せず、糖類やミネラルなどを主原料として微生物の発酵によ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]