トヨタ、スマホ決済を一元化 新アプリの提供を開始

自動車・機械
小売り・外食
中部
フィンテック
2019/11/19 14:51
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車は19日、スマートフォンを経由した複数の決済サービスを一元化して提供すると発表した。決済をまとめるアプリ「トヨタウォレット」の提供を同日から始めた。シェアリングなど移動サービスが広がり、自動車を軸にした決済の裾野は広がっている。トヨタが手掛けるシェアリングサービスなどとも連携し、決済アプリの普及を進めていく。

新たなアプリは子会社のトヨタファイナンシャルサービスなどと開発した。まずは「iOS」向けのアプリの提供を始めて、2020年春に「アンドロイド」向けにも提供する。来年には海外数カ国での展開も見据えるほか、アプリの仕組みを他の車メーカーに提供することも検討している。

ひとつのアプリで3種類の決済手段に対応する。事前にチャージし利用する電子マネー「トヨタウォレット残高」のほか、クレジットカードと連動した後払い型、銀行口座からの即時引き落とし型の決済も利用できる。今後はヤフーなどが手がける「PayPay(ペイペイ)」など他の決済手段との連携も検討しており、選択肢を広げていく方向だ。

トヨタはグループでカーシェアやレンタカーなどの移動サービスも手掛けている。今後はこうしたサービスを提供するアプリともアカウントを連携していく方向。決済サービスの利用頻度などに応じて、レンタカーの利用額を割り引くなどの還元手法も検討していく。

タクシー配車サービスやカーシェアリングなどが普及し、移動の場面でスマホ決済を利用するケースは増えている。コネクテッドカーの普及が進む中、車内でネット通販などを楽しむという新しい過ごし方も広がることが予測されている。トヨタは自ら少額決済のサービスを手掛け、こうした需要を取り組む考えだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]