/

中国「覆面禁止は適法」 香港高裁判決を批判

【北京=羽田野主】中国の国会に相当する全国人民代表大会常務委員会法制工作委員会の蔵鉄偉報道官は19日、香港でデモ隊がマスクや覆面で顔を隠すことを禁じる「覆面禁止規則」について「(香港の憲法に相当する)香港基本法に適合している」と指摘する談話を出した。香港の高等法院(高裁)が覆面禁止は「違反している」と初の判断をしたばかりで、波紋が広がりそうだ。

中国国営の新華社が伝えた。談話は「判決は香港基本法と全人代常務委が決めた関連規定に適さない」と指摘した。「香港の法律が香港基本法に適合しているかは全人代常務委だけが判断し、決定できる」と強調した。「判決の内容は(香港政府トップの)行政長官と香港政府の管理統治権を大幅に弱めるものだ」と批判した。

中国政府の香港マカオ事務弁公室の楊光報道官も19日「(基本法の解釈権を持つ)全人代常務委の権威と香港行政長官の統治権に公然と挑戦するものだ」と批判した。

香港では中国の影響力が及びやすい行政や立法に比べ、司法は独立性が高いとされる。外資系企業などが香港ビジネスに参入する基盤となってきた。中国が司法への介入を本格化すれば企業などの「香港離れ」が加速する懸念がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン