ゲノム医療 第一三共会長 中山譲治

エッセー
2019/11/25 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ガンは、いま日本人の2人に1人が生涯に1度はかかる疾病になっている。様々な要因でゲノムに誤りが蓄積し発症すると考えられている。ガンを克服するためには、30億個の塩基配列からなるゲノム情報を解明する必要がある。その想いで、2003年にヒトの標準的なゲノム全体の構造が国際プロジェクトによって解明された。そして遺伝子の異常とガンの関係解明が進んだ。

女優のアンジェリーナ・ジョリーさんの場合、検査でガン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]