東京ムーブメント

フォローする

エアビー、五輪選手による体験サービス、IOCと共同で

Tokyo2020
サービス・食品
2019/11/19 11:45 (2019/11/19 12:51更新)
保存
共有
印刷
その他

米民泊仲介大手のエアビーアンドビー(エアビー)は19日、オリンピック選手による体験サービスを立ち上げると発表した。オリンピック選手や一流アスリートが自らの経験を生かして一般消費者に競技を指導したり、トレーニングに一緒に取り組んだりする体験サービスの仕組みを作る。

エアビーアンドビーは五輪選手らによる体験サービスを開始する(19日、都内)

エアビーアンドビーは五輪選手らによる体験サービスを開始する(19日、都内)

国際オリンピック委員会(IOC)と共同でサービスを2020年春をメドに始める。エアビーが民泊で培ったノウハウを活用し、選手が提供できるサービスを登録し、一般消費者が必要とするサービスを選ぶプラットフォームのような仕組みを作りたい考え。

登録した選手はサービスの対価を得ることができる。第一線を退いた選手が直接収入を得られる機会などにつなげ、選手のセカンドキャリアを支援する狙いもある。

エアビーは18日にIOCと、28年までの五輪スポンサー契約を締結した。選手向けの無料宿泊サービスを提供し、五輪特需による宿泊施設の不足に対応する。

16年のリオ五輪では8.5万人がエアビーの提供する宿を利用。開催地のホスト収入は30億円になったという。エアビー日本法人の田辺泰之代表は「宿泊や体験を通じた新しい五輪への参加方法を提示したい」とした。

東京ムーブメントをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

東京ムーブメント 一覧

フォローする
1964年東京五輪の開会式で、国立競技場の上空にブルーインパルスが描いた五輪マーク=共同共同


 東京五輪・パラリンピック組織委員会は、来年3月20日開催の聖火到着式(宮城県東松島市)で、航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が航空機5機から青、黄、黒、緑、赤の煙を発し、上空に五 …続き (12/6)

北海道マラソンで大通公園前をスタートするランナー(2018年、札幌市中央区)=共同共同

 2020年東京五輪のマラソン会場が札幌市に変更されて1カ月が過ぎたが、いまだにコースが固まらない。4日に42.195キロの前半20キロ分だけは決まったが、残る後半22.195キロ分は継続協議となった …続き (12/5)

札幌市の大通公園=共同共同

 札幌市で開催される2020年東京五輪のマラソンと競歩の計5種目を巡り、大会組織委員会は4日、大会終盤の8月6~9日の4日間に集中開催することが国際オリンピック委員会(IOC)の理事会で決まったと発表 …続き (12/4)

ハイライト・スポーツ

[PR]