増える「職場のモラハラ」 相談は10年で倍以上

2019/11/19 11:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

いじめや嫌がらせなど「職場のモラルハラスメント」に関する相談や訴えが増えている。厚生労働省によると、労働相談は10年で2.6倍に伸びた。18日にはフィギュアスケート元五輪男子代表の織田信成氏(32)が、陰口などのモラハラを受け大学アイススケート部監督を辞任に追い込まれたとして提訴した。専門家からは包括的な法規制を求める声もあがる。

大阪市に住む男性(24)は2018年4月に新卒で入った不動産会社…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]