瞬間最高視聴率は29・6% 野球のプレミア12決勝

2019/11/19 9:50
保存
共有
印刷
その他

野球の国際大会「第2回プレミア12」決勝で、17日夜にテレビ朝日系で生中継された日本―韓国戦の瞬間最高視聴率は関東地区で29.6%だったことがビデオリサーチの調べで分かった。関西地区は29.4%で、ともに試合終了直前の場面だった。

関東地区の平均視聴率は18.8%(17日午後7時3分から3時間)で、関西地区は18.2%(同日午後6時34分から午後10時25分まで)。試合は日本が5-3の逆転勝ちで大会初優勝を果たした。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]